簡単にトレーニング?正しく行う必要がある!

少ない負荷なのに高いトレーニング効果

筋肉を大きくするトレーニングをするとき、より強い負荷をかける必要があります。腕力を鍛えようとするとバーベルなどを使いますが、持てば腕力は鍛えられます。しかし、その時の負荷は腕以外にもかかります。腰であったり、下半身などにも負荷が来るので、それらの部分を傷めている人や弱い人には非常につらいトレーニングになります。場合によっては、他の部分が影響するためにトレーニングが行えない場合もあります。加圧トレーニングのいいところとして、少ない負荷でより高いトレーニング効果が得らえる部分が挙げられます。100キロの負荷をかけたいとき、それ以下の付加でも相当の負荷をかけた時と同じトレーニングができます。他の部分への影響を少なくできます。

単に締め付ければよいわけではない

医療技術が進歩するように、トレーニングの技術もどんどんしぽします。スポーツ選手の能力もどんどん向上するかもしれません。最近聞かれるようになったトレーニング方法として加圧トレーニングがあります。腕や足の付け根を締め付けを行い、血流を制限します。この状態でトレーニングをすると、通常の負荷よりも少なくてもトレーニング効果が得られます。そんなに簡単なら誰もが自由に行えそうです。ロープなどを用いて締め付けて行えばできるかですが、実際は簡単ではありません。伸縮性のないロープで絞めつけると、うまく動けません。伸縮性があり過ぎると血流の制限ができません。ちょうどいい器具を専門家が調整しないといけません。通常はジムなどにいる専門家に加圧の調整をしてもらいます。

加圧トレーニングは、腕などに専用のベルトを巻き加圧した状態で行うトレーニングのことです。加圧トレーニングなら横浜がたくさんのトレーニング施設があります。