早く消したい!赤みが残るニキビ跡の対処法は?

ピーリング効果のある化粧品でケア

赤みが残るタイプのニキビ跡は、他のニキビ跡と比較すると自然に治りやすいと言われています。でも、ニキビ跡はできるだけ早く治したいものですよね。赤みが残るタイプのニキビ跡が出来てしまった時は、ピーリング効果のある化粧品でケアすると良いですよ。ピーリング作用によって古い角質を人工的に剥がすと、新しい肌へと生まれ変われるサポートの効果が期待出来ます。ピーリング効果のある化粧品には、石鹸や化粧水、ジェルなどの種類があるので、使いやすいものでケアをしてみましょう。

保湿は美肌作りの基本!

美肌の基本を作るのは、やっぱり保湿です!赤みが残るタイプのニキビ跡も、しっかり保湿すると治りを早める事が出来ると言われています。肌を保湿する事によってターンオーバーが促進され、肌トラブルの治りをスムーズにする効果が期待出来るんですよ。セラミドやヒアルロン酸など、保湿効果の高い美容成分を配合した基礎化粧品でのケアがおすすめです。

十分な睡眠もニキビ跡の治りを早める

赤みが残るニキビ跡が出来た場合、スキンケアで治りを早めようとしたり、メイクで出来るだけカバーしようとしがちですよね。これらも間違った対策法ではありませんが、出来るだけ肌トラブルの治りを早めるような生活習慣を、心がけるという事も大切ですよ。例えば、睡眠はしっかり取りましょう!十分な睡眠を取る事によって成長ホルモンの分泌が促されます。すると、肌の代謝も良くなって肌トラブルの改善に繋がるんです。スキンケアを見直してもニキビ跡が治らない・・という時は、睡眠時間を見直してみましょう。

ニキビ跡を適切にケアするためには、それぞれのニキビの原因を特定するだけでなく、肌質の強化を心がけることが重要です。

更新情報