すぐに治療しないと歯がなくなってしまう?根面う蝕の危険性

根面う蝕は歯の根まで虫歯が達する速度が速い

虫歯は必ずしも歯の上の方から始まるとは限りません。歯の根元からいきなり虫歯になってしまうこともあるのです。こういった虫歯は根面う蝕と呼ばれ、見つけたらすぐにでも歯科で治療を始める必要があります。なぜかというと、歯の根元まで虫歯が及ぶ時間が通常の虫歯と比べると、早く、すぐに痛みが出やすいからです。では、根面う蝕の治療はどのように進められるのでしょうか。まず、まだ痛みが出ていない、つまり歯の根までは虫歯になっていない場合は、表面を削って詰め物をすることになります。ただ、既に痛みが出ている場合は歯の根まで虫歯になっている可能性が高いので、虫歯の部分を削り取った上で神経も除去するという治療が行われます。

痛みが出たら神経を取ってクラウンをかぶせる

神経を取った歯は健康な歯と比べるともろくなってしまうので、歯全体を守るようにかぶせ物がされます。このかぶせ物はクラウンと呼ばれ、もし、前歯であれば白いクラウンが、奥歯の場合は基本的に金属製のクラウン、つまり銀歯がかぶせられることになります。クラウンをつけないとどうなるのかというと、たとえば、堅い食べ物を食べている途中に神経を取った歯が割れてしまうということが起こるので、クラウンは非常に重要です。人によってはたとえは奥歯であっても銀歯になるのは嫌だと思うでしょう。そういう場合は、歯科医に希望すれば白いクラウンをかぶせてくれます。ただ、その場合は健康保険での治療はできなくなってしまうので、すべての治療費を無保険で払わなければなりません。

根管治療とは歯の根の治療のことで、主に炎症が起こった場合に施されます。根管内にある歯髄などを取り除いて消毒をし、その後、そこに充填物を入れます。