妊娠したら脱毛はどうする?妊婦の脱毛事情

妊娠中は脱毛できない?

妊娠中は施術をしないサロンやクリニックがあります。そのため、「脱毛で使うレーザーは胎児に悪影響なのでは?」と考える人もいますが、レーザーが胎児に影響を与えるということはありません。それではどうして施術を行わないかといえば、妊娠中はホルモンバランスが不安定で肌トラブルが起こりやすいからなのです。レーザー脱毛は毛根に強い熱を与えるため、施術後は肌が乾燥がちになり刺激に弱くなります。妊娠中の脱毛は、思いがけず大きな肌トラブルを引き起こすリスクがありますので、安全のために施術を行わないというサロンやクリニックがあるのです。

身体の不思議!妊娠中は毛の生え方が変わる

不思議なもので、妊娠すると全身の毛の生え方が変わってきます。身体が赤ちゃんを守ろうとするためか、おへそまわりなどお腹の毛が濃くなり、ひざ下などは毛が薄くなるというケースが多いのです。レーザー脱毛は毛の生えかわるサイクルに合せて、毛根を熱で処理していきます。毛の生え方が変わることで充分な効果が得られない場合がありますから、施術可能なサロンやクリニックであっても、予約前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

それでも脱毛したい!というあなたへ

できれば出産後、身体が落ち着いてからの脱毛が好ましいですが、どうしても妊娠中に施術を受けたいということもありますよね。出産後の身体は消耗していて回復まで時間がかかりますし、子育てが始まると脱毛に通う時間がとれないことも考えられます。妊娠中に脱毛するのであれば、安定期に入ってから臨月になる前に終わるように、サロンスタッフやクリニックの医師と相談しながら脱毛プランを立ててください。くれぐれも身体に負担のないようにしましょう。

永久脱毛の施術効果の現れ方は、施術方法や患者のムダ毛の量、毛周期などに大きく左右されることが分かっています。