ママにも赤ちゃんにも優しく!健康的な産後ダイエット

多くの産後ママの悩み

出産という大仕事を終え、そろそろ体重も体型も戻ってくるかなと思っていたのにもかかわらず、体重も思うように落ちないし、下腹のぽっこりお腹もなくならないというママはたくさんいます。母乳をあげればお腹はすくし、24時間赤ちゃんと一緒にいるため運動をする時間も心の余裕もないので、イライラは募るばかりです。

まずは和食中心の生活に

産後のダメージを受けた体は、その修復のためにたくさんのエネルギーを必要としていますし、母乳育児である場合には、ママが食べたものがそのまま赤ちゃんの栄養となるため無理な食事制限をするわけにはいきません。そんな中で産後ダイエットを成功させるためには、和食中心の高たんぱく・低カロリーの食事にすることが一番です。そうすることで母乳に必要な栄養は摂取し、洋食に多い脂肪分を必要以上に摂取せずに済むのです。ですから、ちょっと小腹が空いたときにも、菓子パンよりはおにぎりを、ケーキよりはお饅頭やお餅をというように気を付けることから始めてみるといいかもしれませんね。

一石二鳥のお散歩も効果大!

お散歩ごときでダイエットになるの?と思う方もおられるかもしれませんが、お散歩をすることで、ママの運動になり脂肪燃焼につながることはもちろん、血流がよくなることで母乳もよくでるようになります。そうすることで、ママが摂った栄養を効率よく赤ちゃんに送ることができるのです。赤ちゃんにしっかり母乳栄養を送ることも立派なダイエットですよね。育児に疲れたママや赤ちゃんの気分転換にもなり、いいことづくしです。

妊婦は出産までに平均すると、約8キロ体重が増加します。そのことに対して悩む女性も多く、ウォーキングなどの産後ダイエットを行います。